スポンサーサイト

  • 2012.07.26 Thursday
  • Author : スポンサードリンク
  • -----------------------------
  • Comments -
  • trackback -


一定期間更新がないため広告を表示しています





就学猶予って



IMG_1612.JPG

テーブルにはめるタイプのイスを2つ頂いたので、取り付けて座らせてみることに・・・。2人ともいつもより視線が高くなるんで、すっごい楽しそう。怖がることもないので、たまにはこちらで食事もいいかなと。

IMG_1582.JPG

ウタちゃんもお座りがだいぶ安定してきました。今のリハビリの目標となっているお座り。私たちが姿勢をとらせるとだいぶ出来るんだけど、ハルちゃんもウタちゃんも自らこの姿勢になるのはまだ難しいところ。

昨日は2回目の発達センターでの小児発達外来でした。1回目が2ヶ月前。だから、この2ヶ月の成長を発達専門の医師に評価をしてもらいました。先生はとってもビックリされてて、2人の成長をとっても喜んでくれました。特にウタちゃんはこんなに成長するとは思ってなかったと・・。成長の差がハッキリしていたのに、だいぶハルちゃんに追いついてきたねとほめてもらいました。

IMG_1580.JPG

最近の2人・・・気持ち悪いぐらい1日中ずーっとピッタリくっついてます。1つのものを2人で眺めてみたり、1つのもので一緒に遊んだり。


そして、先生のメインの話に・・。それは“就学猶予”のこと。就学猶予とは、小学校入学を1年ずらすことです。1つ下の学年の子たちと一緒に入学するのです。まだまだ1歳の2人にどうしてこんな話なのかなと思ったけど、聞いてみると 今のうちから少し頭に置いておかないといけないと思いました。これはほんとに難しいところですよね・・。

正直なところ 私てきには、小学校入学ころには体の大きさの違いはあっても、運動面などは周りの子たちに追いつくだろうと安易に考えていたのです。だけど、お話を聞くと・・未熟児(特に1000g以下)で生まれた子たちは、自分たちのペースでしっかり成長できても やっぱりどうしても同じ学年ではついていけないこともあるというのが現実だそうです。1つ下の子たちの中での方が のびのびと学校生活が送れる確立のほうが高いそうです。特にうちの2人は3月生まれ・・ただでさえ同じ学年になる4月生まれの子たちとは 大きな差があります。
そして、もしも就学猶予を考えるのであれば 保育園や幼稚園に入るころから1歳下のクラスに入れてもらった方が良いと言われました。ずっと一緒に生活したお友達が卒園していくのに 自分たちだけまた同じクラスをもう一度というのは酷だろうと・・。この子たちが保育園に入るのも、そんなに遠くない話です。だからこそ、今のうちから考えておかないといけないんだなと思いました。

私の本音を言うと、正直就学猶予はさせたくありません。小学校入学をずらすということは、中学校、高校、大学・・と全て1歳下の子たちと同じということ。本人たちが理解できるようになったときに、それをきちんと受け入れられるのか・・。周りの子たちに冷たい目で見られないか・・。と考えてしまいます。だけど、これは私の勝手な本当にバカヤローなエゴです。子供たちが1番のびのびと自分たちらしく生活できるところは1つ下の子たちとの場なのかもしれません。だから、子供たちに1番良い方法を見つけなくてはいけません。少しずつ就学猶予のことも考えていこうと思います。

双子ランキング★子育て日記ランキング★





スポンサーサイト

  • 2012.07.26 Thursday 11:40
  • Author : スポンサードリンク
  • -----------------------------
  • Comments -
  • trackback -



Comment:
2010/06/29 12:54 PM, しんこ wrote:
はじめまして。いつも読ませていただいています。
本当にハルウタちゃんは仲が良くて、双子の絆が
うちよりずっと強いなぁとうらやましく思っています。
今日、コメントしてしまったのは、日記の内容に
感じ入ってしまったからです。
うちの子は1歳、6月生まれです。ハルウタちゃんの
予定日よりも1ヶ月少し遅い予定日で、早産で
産まれました。
私は、成長が同じ月齢の子より遅いことを、修正で
考えて気にしないようにしているのですが、
いくら修正月齢を話しても予定日近くに産んだ人は
わかってくれないんですよね。
ハルウタちゃんの成長も修正で考えたら、1つ下の
子と
同じなのだから、たまたま3月に産まれて学年が
違っただけですもんね。
早産や双子を経験した人なら分かることですし、
あまり、心配せずに頑張ってください。
なんか、上手く言えないのですが、メグさんと
ハルウタちゃんを応援してます!
たった3ヶ月先輩なのに、メグさんは私なんかとは全然
違って、理想のママさんです。
いつも勉強になります。
これからも楽しみにしてます。
2010/06/29 1:53 PM, ごはんぢゃワン wrote:
こんにちわ!! 
 就学猶予のことはこの前NHKの福祉ネットワークという番組でやっていたので見ました。低体重児で産まれた子供たちが今就学猶予を希望するケースが増えているとのことでした。小学生で1つ下の子と一緒でうまくいっているケース。双子で一人が遅れが目立つので小学校をどうするかというケースをやってました。双子はウタちゃんと同じくらいの体重でしたが、一人は追いついていました。
 うちは、まだ大きいほうだけどその双子ちゃんの歩いた時期と比べてもたぶん追いつかないのでは?という状況です。

 今日は市で主催された1歳1カ月から1歳7カ月対象の教室に行ったのですが、歩いていないのはうちだけでした。

 テレビを見たときに私も頭の片隅に就学猶予を置いておかなくていけないかなと感じました。
 担当医の先生が就学猶予の話をするということは、メグさんの市では就学猶予が認められているのですかね?
 もともと特別支援学校が出来る前に、普通の学校には難しい子供対象で、未熟児のように1年したの学年でいけば普通の授業でついていけるとう人を対象にしたものでは、ないので教育委員会によりまちまちだそうです。うちの市だと保育園でもこれだけ融通がきかないから難しいかな?と思ってます。
 二人ともかなりのスピードで成長しているので、頭の片隅に置きつつも、子供の成長力に期待しても良いのではないですか?集団生活で他の子から刺激を受けて伸びることもあるし・・・。
 私も就学猶予を頭の片隅に置いていますので、子供たちにとって良い方法をお互い考えていきましょうね!!
2010/06/29 2:41 PM, 大ちゃんパパ wrote:
こんにちは。大ちゃんパパです。
検索しているうちに、「就学猶予」という言葉がありましたので拝見させていただきました。本当にかわいらしいお子さんですね。私の義妹夫婦も双子を産んだのでとっても身近に感じてしまいます。就学猶予について私の経験をお伝えしますね。参考にしていただけたらと思います。

長男、大ちゃんは知的障がい者です。小学校入学を1年猶予しました。理由は、1年間という時間でもっと伸びるかもしれないと考えたからです。猶予については教育委員会の説得が必要になってきます。前例があると認められますがないと厳しいと思います。またその際には、医者の診断書が必要になります。これが手続き面での実態です。

猶予すべきかどうかについての判断ですが、正直私たちも悩みました。どのように考えるべきかですが、この子にとって1年遅らせることが今後の人生の中でメリットが多いのか、デメリットの方が大きいのかの判断だと思います。経験上からの私の結論は、唯一のデメリットは成人式の時に同じ学年の友達がいないこと、だけですね。他は何もデメリットはありませんでした。これから大人になっても何もないと思います。それよりも、小学校入学時のお子さんの状態を最大限優先して判断するといいと思います。医者は猶予した方がいいと言っても医者が育てるわけではありません。基本、他人なのです。1年という時間を作ってもっと知的に体力的にもこの年齢層平均に追い付くことが必要とのたとえば判断があるのなら、親の責任で猶予手続きをされるとよろしいかと思います。

私の場合は、この子をなんとかして1年かけて成長できるようにしたい、その強い願いで猶予したわけです。今から猶予のことを考える必要はないと思いますよ。その時に判断すればいいのではないでしょうか。それよりもその時までに一生懸命育てて毎日を楽しみましょう。そうすればきっとお子さんは大きく成長してくれますよ。将来は誰にもわからないことですから。他人は好き勝手言います。だけど自分たちに大事なのは、前向きに今を努力することだと思います。必要な時期に必要な判断をすればそれでいいのではないでしょうか?

少々長くなってごめんなさいね。是非、がんばってください。
2010/06/29 4:40 PM, 悠紀 wrote:
ご無沙汰しておりました。いつも拝見させていただいていますが読み逃げですみませんです。。
ウチもまさに学習猶予を考えていました。
息子はハルちゃんウタちゃんと同じ3月生まれ(3/31)なので本来なら先輩の皆についていけるのだろうか?それとも本人は気にしないで杞憂に終わるのか?など色々考えてしまいます。。
私が勝手に決めて良いのだろうか?など・・
遠くない将来仕事に復帰する時に預けることを考えると悩んでしまいます。
私も出来れば学習猶予はしたくない・・と考えていますが・・同じくらいの誕生日の子にはまだまだ追いつけなくて、本来なら誕生日の近かったはずの子どもと遊ばせていると大体同じくらいの成長なので、それを見ていると・・・。
これからの成長を見て照らし合わせて考えていかないといけないと思いますが、息子がお話し出来るようになったら本人に意見を聞いてみようかな?と思います。

職業も名前(本名)も一緒なので、ずっとメグさんに勝手に親近感をもっておりました(*^_^*)
これからもハルちゃんウタちゃんの成長楽しみにしてます♪
2010/06/29 5:17 PM, あっこ wrote:
メグさんこんにちは!
ランキングからなくなっててびっくりしましたがちゃんともうブックマークにいれたから安心です(^-^)
修学猶予の話主治医先生からしてくださるなんて素敵ですねぇ!
あたしもまだまだって思ってたし、あっくんは聾学校にいれるかもしれないし、(普通学校に入れるのはあきらめてませんが)メグさんの日記読んでほんとちゃんと考えないとって思いました。
今あっくんは1歳クラスにいるけど完全に大きなモンスターちゃんたちと一緒ですからねぇ(^^;)
もちろん本人はそれでも楽しんでますけど、この先同じようにはいかないだろうなぁって思ってます。
なんか考えることいっぱいあるけど本人たちが楽しくすごせるように一緒に考えていきましょうね♪
2010/06/30 9:37 AM,  wrote:
こんにちは。二人が頭を寄せ合っている写真、すんごく可愛いです!

就学猶予、うちは実家の父と母が、考えたらいいんじゃない?って言っています。予定日(7月1日です)からいうと、次の学年なんだからって。
うちの子は3月29日生まれなので、あと4日、お腹の中にいさせてあげられてたら。。。ってついつい思ってしまったり。
小学校なんてまだまだ先の話だし、って思っていたけど、保育園に入るときから考えた方がいいんですね。言われてみれば。。。でもまだ病院にいるわが子(2000g超えました^^)には早い話?いずれ直面するときは来るけど。。。ごちゃごちゃ考えてしまいます。
他の方のコメントも、読ませていただいて、すごく勉強になりました。いろんなケース、いろんな考え方があるけど、情報はしっかり集めつつわが子の成長をあせらず見守れるママになりたいです。このブログに出会えてほんとに良かった!


2010/06/30 9:47 AM, たま wrote:
すみません、↑のコメント、名前入れ忘れでした。。。
2010/06/30 6:07 PM, かじゅママ wrote:
今日のハルウタちゃんもカワイイ( ̄∀ ̄)

就学猶予・・・・・
ウチのチビも2月生まれ。
人事ではありません。
私も、出来ればしたくない派です。
他のブロガーさんが就学猶予について書かれてましたが、手続きも大変だし、何より田舎故の人の目が気になってしまいます。

就学猶予を選んでいつか、同級生が年下だと知ってしまう。
難しいですね。

2010/06/30 10:59 PM, メグ wrote:
★しんこさんへ★

しんこさん こんばんは。

はじめまして。コメントありがとうございます!いつも読んで下さっているということで、すごく嬉しいです。同じ双子ちゃんママさんからこうやってコメントを頂けるのは本当にありがたいです。

しんこさんの双子ちゃんは6月うまれだということで、うちが予定日どおりだったらきっと、同じくらいの成長なんでしょうね!
しんこさんも、子供さんの成長を心配されてるんですね。1ヶ月早く生まれちゃったことで、きっとご心配も大きいと思います。だけど、上には上がいるんですよ〜。うちなんか3ヶ月も早かったんですからっ☆上も下も見ずに、子供の成長だけを見ていければいいけれど、そうもいきませんよね・・。でも、うちでも少しずつ追いついていけるだろうといわれてるので、きっとしんこさんのところも大丈夫ですよ!一緒に子供たちの成長を信じていきましょう。
しんこさんが言ってくださるように、うちの場合はたまたま3月になってしまったことで、かなり悩まされてます・・。就学猶予のことも、きっとこれからもっともっと真剣に考えていかないといけません。だけど、こうやって私がつぶやいたことに対し、あたたかいコメントを頂けると、すごく励まされます。本当にありがとうございます。
これから子供たちもますます目が離せなくなると思いますが、双子パワーに負けないようにママパワー発揮して、一緒に頑張っていきましょう。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

2010/06/30 11:10 PM, メグ wrote:
★ごはんぢゃワンさんへ★

ごはんぢゃワンさん こんばんは。

じつは私も、この前のNHKの福祉ネットワークという番組少しだけ見てたんです!バタバタしながらだったのであまり真剣には見れなかったのですが、双子ちゃんの1人を就学猶予させようか・・というところは見ました。その後にまさか自分たちが こういったお話をされるなんてビックリでした。

先生のお話では、うちの市では今までも何件か許可がおりて就学猶予されたお子さんが数人いらっしゃるそうです。親が希望し、医師が必要とみなした際にはほぼ100パーセント教育委員会も認めてくれるそうです。田舎だからそう厳しくないのかもしれません。だけど、それだけはありがたいなぁと思います。もちろん今すぐ決める必要はないと思っていますが、保育園や幼稚園の時点でずらした方が良いのなら、そう遠くないことだなと思い ちょっと頭を痛めてます・・。でも、やっぱり子供たちのこれからの成長を見ていかないと何ともいえないというのが本音です。

だけど、ごはんぢゃワンさんのお話を聞くと お姉ちゃんも弟くんもすっごい順調に成長されてるように思いますし、普通の子に追いつくのもそう遠くないんじゃないかなって勝手に思ってます!
子供たちの可能性は未知ですもんね。これからまた、私たちを驚かせるようなスピードアップを見せてくれるかもしれませんもんね!信じて頑張っていきましょう☆

 
2010/06/30 11:28 PM, メグ wrote:
★大ちゃんパパさんへ★

大ちゃんパパさん こんばんは。

コメントありがとうございます!まさか、実際に就学猶予を選ばれた方からお話を聞けるなんて 思ってもいなかったので、とても驚いています。そして、すごくすごく感激しています。貴重なお話を聞かせていただき本当にありがとうございます。

大ちゃんパパさんがおっしゃるように、手続きに関しては少々手間がかかるようなことを先生も言われていました。だけど、うちの市では過去にも数件認めらていることもあるそうで 親が希望し、医師が必要だという書類を書くとほぼ100パーセント認められると言われました。
大ちゃんパパさんからお話を聞くまでは、正直就学猶予はデメリットの方が大きいと思っていました。そんな自分の考えが、すごく甘ったれていたなと思います。お恥ずかしい限りです・・。
なんらかのハンデをもっている場合、子供たちにとっての1年というのは すごく大きいものだと思います。だから、小学校入学という時点で子供たちに1年を与えるというのは、とても意義のあることだと思いました。

お話を聞かせてくださった先生は、“決してすすめてるわけじゃないけど・・”と何度もおっしゃっていました。強引にすすめられたわけでもないのですが、今までそういったお話をされたことがなかったので、専門の先生からみたら そっちの道を選んだほうがいいと思われているのかなと感じました。
だけど、大ちゃんパパさんがおっしゃるように、子供たちのことを 医者が育てるわけではないんですもんね。しっかり親である私たちが責任をもって決めなければいけませんよね。

これから先、子供たちがどんな成長を見せてくれるかなんて誰にもわからないことですもんね。成長をみていくうえで、きっと答えが出るんだろうと思います。今は、大ちゃんパパさんが言われるようにおもいっきり子育てを楽しんで、前向きに今を努力していこうと思います。
本当にありがとうございました!!貴重なお話ずっと心に残ると思います。
2010/06/30 11:41 PM, メグ wrote:
★悠紀さんへ★

悠紀さん こんばんは。

コメントありがとうございます!!私の方こそ、悠紀さんのブログいつも読み逃げさせてもらってました。ブログ再開されたのがすっごく嬉しかったのに、コメントも残さず・・ただただ息子さんの成長の写真に癒されてました。ほんとに癒し系ですよね。のんびり屋さんのような表情に、こっちまでほっと一息つこうかという気にさせてもらってます☆

悠紀さんもやはり就学猶予のこと、頭に入れておられるのですね。同じ3月生まれ・・ほんとに考えますよね。あと1ヶ月お腹にいさせてあげれば・・って。悠紀さんの場合はきっともっと悔しいお気持ちなんですよね。
うちも遠くない将来仕事に復帰する予定です。そうなるともちろん保育園に預ける予定ですが、もしも就学猶予となると その時点でクラスを考えないといけないんですよね。小学校なんて、まだまだ先の話だけど、保育園となるとそんなに遠くない現実。悩みますね。

じつは、うちの母が悠紀さんと同じように“本人が話せるようになったときに聞いてみたら?”って。たしかにそのくらいになると 自分で気持ちが言えますもんね。そのためにこっちの道にはこんなにいいことがあるよとか、こっちの道だったら少しきつくなっちゃうこともあるよ・・とか選択肢を確実に子供たちに話せるようになっておかなきゃなと思います。一緒に少しずつ乗り越えていきましょう!また何か情報があったらお伝えしたいと思います。

そして、悠紀さんも看護師さんで、本名も同じだなんて!こっちこそもっと親近感わいちゃいました。どうぞこれからもよろしくお願いします。
2010/06/30 11:53 PM, メグ wrote:
★あっこさんへ★

あっこさん こんばんは。

ブックマーク入れてくださってありがとうございます。ランキング抜けましたが、これからもどうぞのぞいてやってください☆

就学猶予のことは、以前テレビで見てて「そんなことできるんだー」ってくらいしか思っていなかったので、まさか自分たちがこんなに早い時期に説明を受けるとは思ってもいませんでした。小学校入学なんて、まだまだ先だし うちはまだ保育園にだって行ってないのに・・と思いましたが お話を聞くとやっぱり頭には入れて置かないといけない問題なんだと思います。

あっくんは今1歳クラスなんですね!ついていけてなくても、あっくん本人が楽しいなら 私は十分だと思います。周りからの刺激もきっと普通より強く受けてると思います!!あっくんは頼もしいです、ほんと。
あっくんのこと、聾学校も少し視野に入れられているように、うちのウタも盲学校を少しだけ視野に入れています。右目も爆弾抱えてるような状態ですので・・。だけど、私もあっこさんと同じく 普通学校あきらめてませんけどね♪ずいぶん前から、お互い「あきらめない」といい続けて、ここまでなんとかいい方向で来てるから、きっとこれからも大丈夫だと信じてます!お互い頑張りましょう。
2010/07/01 12:02 AM, メグ wrote:
★たまさんへ★

たまさん こんばんは。

たまさんのところはお父様・お母様から就学猶予のお話が聞けるなんて すごくありがたいですね。そういう知識がある方が周りにいらっしゃるなんて心強いですね。昔の方は、そういうのを嫌う方が多いように感じるなか たまさんのところのご両親はほんとにお孫さんのことを考えておられるんだなーと思います。

たしかに修正で考えると、1歳の下の学年ですもんね。お互い・・。ただでさえ低学年のうちは3月生まれは遅れ気味っていいますよね。今すぐに考えないといけないという問題ではないけど、頭には入れておくべき問題なんでしょうね!これから先、こどもたちがどのくらい成長するかなんて、誰にもわからないので 信じるしかないですよね!!子供たちを真剣に見つめ続ければ、自然と良い道を選ぶことができるようになるのかもしれませんね。

私のブログが少しでもたまさんのように「出会えてよかった」と思っていただけるとすごく嬉しいです。私も今回、就学猶予ということを言われ 戸惑っていた中で、こうやって皆さんから貴重なお話を聞くことができて本当に感激しています。じつは私の書く記事よりも、皆さんから頂いているコメント
の方がためになることたくさんあるんですよ(笑)
これからもどうぞよろしくお願いします。
2010/07/01 12:14 AM, メグ wrote:
★かじゅママさんへ★

かじゅママさん こんばんは。

かじゅママさんのところも2月生まれということは、やっぱり同じ悩みですね・・。就学猶予のことを考えるなんて、まだまだ先のこととしか考えていませんでしたが、今のうちから頭に入れておかないといけないんですよね・・。

かじゅママさんもやはりしたくない派ということでしたが、私もこの記事を書くまではイヤだなと思ってました正直。でも、皆さんのお話をきくと、子供のことを考えたらその選択もありかなと思えるようになりました。もちろん、させなくて良いほど成長できるのが何よりですが・・。
だけど、もしその決断をしたときには 将来子どもたちがしっかり受け入れられるような説明ができるようになっておかないといけませんよね。
難しい選択になると思いますが、お互い子供たちの成長を見ながら 1番良い道を歩ませてあげられるよう頑張りましょう!!

2010/07/01 1:19 AM, あや wrote:
メグさんこんばんは。
就学猶予…そんなものがある事自体を知らなかった私はなんてのん気なアマちゃんなんだ…と思い知りました。
うちは4月産まれなので、かろうじて学年の事を気にしなくていいなと思ってましたが、修正では7月産まれなので、それでみると確かに澪は遅れまくってます。凛は修正ではもう全く問題ないので、うちの場合は澪だけ遅らす事になるのかなぁ…?それって二人にとってどういう変化をもたらすことになるんだろう…と、今はまだ想像もつかずにいます。

うちはつぎのリハビリの時に、澪の足につける歩行訓練の装具の話があります。はっきり言って、そういうのをつける事になると思ってなかったので、早めに付けた方がいいと言われ戸惑ってしまいました。本人の為にはもちろんつけた方がいいんですが、二人に見てわかる差が出来てしまう事に、私は抵抗を感じているようです。
でもこれはメグさん曰く「勝手な本当にバカヤローなエゴ」ですよね。ホントアマちゃんな親ですわ。

メグさんのブログを読んで、もっとちゃんと考えていかないといけないなぁって改めて思いました。
いつも親としての正しい道を示してくれるメグさんに本当に感謝してます。
勝手に道しるべにして申し訳ないです。。。でも、ほんとにメグさんほど素敵なママさんは知りません。
メグさんとお知り合いになれて、本当によかったです。
同じ双子ママで同じくらいで産まれたハルちゃんウタちゃんをこれからも目標にさせて下さい。
2010/07/01 10:06 PM, tommy wrote:
はじめまして。
ちょっとした偶然でこちらのブログをみつけ、読ませていただいております。

就学猶予という言葉で、ふと思い出したのですが、オーストラリアでは小学校に入る年齢に幅があるとかいうことを新聞の記事で読んだことがあります。
子供の成長に合わせて入学する年齢を決めるらしいです。
時期を決めるのは基本的に親のようですが、早くなければいけないという考えはまったくないらしく。
確かにそうだよねぇと思ったので、未だに記憶に残ってます。
就学猶予するにせよ、しないにせよ、
親のエゴでなく、ハルちゃん、ウタちゃんの将来を一番に考えて結論をだしてくださいませ。
2010/07/01 11:19 PM, メグ wrote:
★あやさんへ★

あやさん こんばんは。

就学猶予のこと知らなくたって、全然大丈夫ですよ!!私だって、この2人を生むまでは全然知らなかったんですもん。知ってからも、まさかうちは大丈夫だろうと思っていたのですが、医師から説明を受けちゃいました。もちろん、今すぐに決断することではないので、焦らずに2人の成長を見ていくうえで、本当に1番正しい選択ができたらいいなと思っています。あやさんは「のんきなアマちゃん」でも、とってもかわいいです☆
あやさんのところは4月生まれだから、きっと大丈夫だと思います!2人とも着実に成長を見せてくれてますもんね。うちもあと1ヶ月遅かったら・・とどうしても思ってしまいます。澪ちゃんの成長を心配されてましたが、テレビでは双子の1人だけを就学猶予させるパターンもやってました。だから、どうしてもそっちが澪ちゃんにとって良い方法だと思われるのなら、全然おかしな方法ではないと思います。

澪ちゃんの足の装具の件・・・あやさんのお気持ちすごくわかります。ウタの義眼のときに同じような気持ちになりましたもん・・。子供たちにとっては、それが必要なものだと判断されたんだと 頭ではわかっていても、なかなか気持ちが追いついていかないんですよね。戸惑ってしまうことは、当たり前のことだと思います。かわいいわが子のことだから、戸惑わない方がちょっと変な気がします。正直、私も義眼という補助具をつけることに抵抗があり、夜な夜な涙したこともありました。だけど、今は本当にしてよかったなと思えます。だから、きっとあやさんも澪ちゃんの成長を見ていく中で、足の装具をつけてよかったと思える日が必ずくるのだから、それまで頑張りましょう!!

あやさん、私のことべた褒めしてくれて本当に嬉しいのですが、私はまだまだペーペーな弱虫ママです・・。親として、子供にとって1番良い道を探し続けていますが、それが正しいのかなんて きっと何年も先にならないとわからないことでしょうね。すぐに答えが出ることばかりではありませんが、これからも一緒に乗り越えていきましょう!!子供たちもきっと私たち親の気持ちを感じ取ってくれてると信じて・・。双子育児、大変だけど やっぱり楽しいですね☆
2010/07/01 11:30 PM, メグ wrote:
★tommyさんへ★

tommyさん こんばんは。

はじめまして。コメントありがとうございます。とても興味深いお話を聞かせていただき、すごく嬉しく思います。

オーストラリアでは、小学校に入る年齢に幅があるなんて、初耳でした。たしかに、子供たちの成長のペースはそれぞれで 同じ年齢だからといって 入学時にみんな同じくらいの体格なわけでもなく、運動能力、精神面の発達なども差があることは当たり前のことだと思います。いい考えですよね。だけど、やはり日本では義務教育というものを とても厳しく考えてる傾向があるそうで、就学猶予というのも一般的には認められにくいもののようですね。
オーストラリアのような考えが出来るようになると、こんなに頭を悩ませることもなかったんだろうなと思います。

私も子供たちの道を選択するうえで 決して自分たちのエゴが優先しないようにと これまでも選んできたつもりです。親が子供に対し「どういう子供であってほしい」と思ってしまうことは不自然なことではないと思いますが、その前に 子供の人生は子供のものだということを1番に考えないといけませんね!貴重なお話ありがとうございました。
2010/07/03 2:29 PM, nyramune wrote:
こんにちは。

二人一緒に仲良くあそべるなんてうらやましいです。しかもものすごくカワイイ。

さて、就学猶予・・・私はもしかしたら、めぐさんほど抵抗がないのかもしれません。うちの子たちは2月生まれの未熟児ですから、同じように就学猶予の可能性があるんですよー


もちろん、悩みどころ満載ですが、長い人生でその1年って私にとってはメリットのほうが断然大きい気がしています。

学生時代、1浪している人たちなんて普通にいたし、2浪、3浪、はたまた他の大学へ入学したけどやっぱりこっちに入りなおしたなんて人もいましたし。みんな同級生ですよね。

かつ、就学猶予ではありませんが、中学生時代、病気が原因で1浪している人がいました。近い友人だったわけではありませんが、普通に溶け込んでましたよ。誰もいじめる人なんていないし、子どもたちってそいういうハンデを持った子には教えなくてもいじめちゃいけないって本質的にわかってる気がします。

それと、実は義理の弟が先天性の病気で小学校を2浪していました。でも、お友達たちはみな優しくて冷たい目なんてとんでもない。あり得ないです。

それから今は米国に住んでいるのですが、英語ができないために1学年遅らせて入学する外国人の子供がたくさんいます。その他ハンデに合わせるのは普通にありの世界なので、その子にあわせて遅らせることにさほど抵抗がありません。


幼少期の人格形成にどちらがいいのか、親として本当に悩みどころですが、年齢って、学年ってそんなに大事なことなのかなーと個人的には思います。

ちなみに、私自身は4月生まれで幼少時代は確かに何でも有利だったように思います。でも、それが故に何というか、自分なりに嫌だったこともあり、むしろ2月生まれの息子たちがうらやましかったりします。ないものねだりとはまさにこのことですね。

お互いによい決断ができるといいですね。
それから眼底検査の件、ありがとうございました。大変助かりました。さっそく手続きしようと思います。
2010/07/03 9:46 PM, ゆうたんママ wrote:
主治医センセそこまで先のことを考えてお話しはるんですね

先日、就学猶予のドキュメンタリ番組やってたそうですが
ずっと興味はありました

息子を出産する前、入院中のベッドでよく考えてたことですが
息子出産して、育児はじまると
すっかり忘れてました…

すぐに答えがでる問題じゃないし
考えとかないといけないですよね…
2010/07/04 11:31 PM, メグ wrote:
★nyramuneさんへ★

nyramuneさん こんばんは。

色々と詳しい情報や、貴重なご意見ありがとうござます!
就学猶予の件は、今すぐに決断しないといけないというわけではないのですが、こうやって先生からお話を聞いた以上は、真剣に考えていかないといけないと思っています。最初は正直すごく抵抗がありました。だけど、皆さんの意見などを聞いていくうちに 少しずつ抵抗が少なくなったというか・・。2人にとって1番良い方法だと思うのなら、迷わずに決めたいなと思うようになりました。nyramuneさんが教えてくださったように、他の方からも情報を頂いたのですが 他の国では特に珍しくないことなんですね!なんだか、日本人の頭の固さを少しだけ感じちゃいました。
就学猶予に関してはもちろん、メリット・デメリットあると思いますが、その子にとって1番良い道ならば もちろんメリットの方が断然多いと思います。先のことは誰にもわからないことですもんね。これから子供たちの成長を見守りながら、決めていこうと思います。

幼少期の人格形成・・・すごく大事な時期ですよね。子供たちがいきいきと自分たちらしく成長できることを心から願います。
ちなみに、私もnyramuneさんと同じく4月生まれです。しかし、特に優秀だったわけでもないし ボンクラでした(笑)早生まれとか遅生まれとか、特に今まで気にしたことなかったなーって思います。だから、もしかするとnyramuneさんが言われるように、実際子供たちってそんなに気にしないのかもしれませんね!!最近では3月生まれの友達は 1歳若い年が長いからいいなーと思っちゃうほどです・・。色々とアドバイスありがとうございました!これから先、貴重なご意見参考にさせていただこうと思っています。

眼底検査の件、少し参考になれたようでよかったです☆また何かありましたら聞いてくださいね!
2010/07/04 11:40 PM, メグ wrote:
★ゆうたんママさんへ★

ゆうたんママさん こんばんは。

コメントありがとうございます。
私も、就学猶予のドキュメンタリ番組を見た数日後に、わが子にもその話がやってきたのです。最初テレビを見たときは、あまり真剣に考えてなかったのです。“まだこれからの成長はわからないし・・”くらいの気持ちでした。
そして、うちは田舎だし 就学猶予なんて認められてないんだろうなーって思ってました。だけど、先生のお話では 過去にも未熟児ちゃんだった子が数人、就学猶予されたということでした。私たちが選択できるというのは本当に良い環境だなと思うし、心強いです。
これから先、2人の成長を見ながら じっくり決めていきたいと思います。お互い、色々と課題が出てきますが、1つ1つ乗り越えていけたらいいですね!

2010/07/05 1:48 PM, なごやわママ wrote:
いつも拝見させて頂いております。
ハルちゃんウタちゃんは仲が良いのでいいですね。ほのぼのします。

我が家のツインズは同じく3月生まれで、4月から保育園の1歳児クラスに行ってますが、どうみてもとなりの0歳児クラスのほうが合っています。というか、運動面でも0歳児クラスの何人かには抜かれている感じです。私としては、0歳児クラスでみてもらいたかったのですが、出来ないみたいで・・。1歳児クラスの子たちからはツインズは赤ちゃん扱いされてて、「だっこしてあげる」と言われているみたいです。

でも、就学猶予となると話は別で・・・。親としてはそれまでには追いつくんじゃないかと予想しています。難しい問題ですよね。就学のころはどんな成長をしてくれているのか、なってみないとわからないのですから。でも、どんなに成長しているか想像すると楽しいですね。どんな未来がこの子らに待っているのか・・。子どもは可能性のかたまりだと思います。

1年遅らせたほうがのびのびできるかなとは思いますが・・。自分の子のこととなると難しいです。
2010/07/06 11:22 PM, メグ wrote:
★なごやわママさんへ★

なごやわママさん こんばんは。

コメントありがとうございます!!保育園でのシーンなど、具体的に聞けてとても参考になりました。うちはまだ保育園にも預けていないし、同世代の子たちが集まるような場にもあまり行っていないので、実際どのくらいの遅れがあるのかというのは、正直ハッキリしない状態です。

だけど、なごやわママさんがおっしゃること本当にわかります。まさに私も同じ気持ちです。1年遅らせた方が、子供たちにとってはベストなのかもしれないけど、わが子のこととなると考えてしまうのが本音です。他人の場合は 就学猶予って良い制度だと思うよっていえると思いますが、実際自分の子が・・と考えると踏み出せない部分が多いと思います。しかし、これからの成長をみていく中で、やっぱり就学猶予が必要だと判断したときには、すべて受け入れて子供たちを送り出す勇気を持っていないといけないと思います。それまでにもっと強くならないといけませんね。
今は、なごやわママさんと同じく それまでに追いつくという可能性を信じたいです。
Add a comment:









Trackback:
http://haru-uta-k.jugem.jp/trackback/248
 
PROFILE
HARU and UTA DATA
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
MAIL FORM
VARIOUS ITEMS
PR
OTHER


©2009-2011ハルウタ日記☆ ---Thank you for the access ---